futureshopでオプション価格を設定する

CMS




futureshopでは『オプション価格』を設定することができます。
オプション価格を設定することで、購入者の選択によって金額を変動させることができます。

当記事では例としてサイズの選択によって金額をプラスするオプション価格を設定してみます。




futureshopでの商品登録がまだという方は下記の記事が参考になるかと思います。
futureshopで商品を登録する方法~登録から表示まで~





①オプション価格の登録画面を開く

管理画面TOPの『運用』ボタンをクリックして、運用ページに遷移します。




商品の編集ページを開きます。

商品詳細ページの開き方は下記記事の『⑤』を見るとわかると思います。
futureshopで商品を登録する方法~登録から表示まで~




上記の方法で商品編集ページを開きましたら、『オプション価格』をクリックします。



編集』ボタンをクリックします。




オプション価格の登録画面が開けました!
下記の緑枠の部分で設定をしていきます。






②オプション価格を設定する

ではオプション価格を設定していきます。


1.オプション価格基本情報

基本情報は下記のように設定しました。

表示項目は忘れないようにチェックを入れます。
項目名はユーザ画面に表示されるものになります。
表示タイプはセレクトボックスにしました。(サイズをいくつか選択できるイメージです。
税率設定は標準税率にしています。(オプション価格に対して軽減税率というものも設定できるようです。



2.説明文設定

説明文設定は下記のようにしました。

説明文はユーザ画面に表示されるものになります。
説明文表示位置は説明文をオプションの上と下どちらに表示するかを選択できます。


3.選択肢・価格設定

選択肢・価格設定は下記のようにしました。

選択肢コード選択肢価格を入力して『選択肢に追加』をクリックして選択肢に追加していきます。
選択肢コードは任意の半角英数字で入力します。(ユーザ画面には表示されません)
選択肢は任意の名前を入力します。(ユーザ画面に表示されます)
価格は選択した場合の加算額を入力します。(減額も設定できます)
表示順に値を入れることで表示順を調整できます(最大99まで設定でき、数値が低い順に並びます。)




入力が完了したら忘れないように『登録する』ボタンを押します。








③オプション価格が反映されているかを確認する

デフォルトだと『オプション価格パーツ』は商品詳細ページに埋め込まれているはずなので、
プレビューでそのまま確認します。


オプション価格登録ページの右上の『プレビュー』ボタンをクリックします。


設定したオプション価格が反映されました!




試しにサイズを選択してカートに入れてみると…




選択したオプション価格を含めて金額を計算してくれました!









以上、futureshopでオプション価格を設定する方法でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました