爆速テキストエディター vim

起動するのもソースを記述するのも速いvimの使い方のご紹介

vimとは

vimとは、ターミナル(コンソール)という黒い画面上で動くテキストエディターのことで、普通のエディターとは異なり、キーボードのみで操作します。

vimには、3つのモードがあります。

  • ノーマルモード
  • インサートモード
  • ビジュアルモード

ノーマルモードは、コマンド入力やカーソル移動を行います。

インサートモードは、テキスト入力を行います。

ビジュアルモードは、文字列やブロックを選択し、コマンド操作を行います。

vimを準備

macは、デフォルトでインストールされているのでダウンロードの必要はありません。ターミナルアプリを起動して、vimと入力したらvimが起動します。

windowsは、こちらを参考にインストールしてください。

vimを操作してみる

vimは、最初ノーマルモードで起動します。

日本語入力ではなく、英数字入力になっていることを確認したら、iキーを押してインサートモードにしましょう。左下にINSERTと表示されるはずです。

この状態で、3行ほど入力してみましょう。

hogehoge
hogehoge
hogehoge

入力を終えたら、ESCキーを押してノーマルモードに戻ります。

以下のキーでカーソル移動ができます。以下の移動方法さえ覚えていれば不便になることはないです。

  • j → 下
  • k → 上
  • h → 左
  • l → 右
  • w → 単語ごとに前へ
  • b → 単語ごとに後ろへ

他にも覚えることが。。

ここまでの内容では、テキスト挿入しかできません。文字削除やコピペの操作も覚える必要があります。

ちなみに、vimを終了したい場合は、ノーマルモードにて以下のコマンドを入力します。

  • :w → 保存
  • :q → 終了
  • :wq → 保存して終了

チートシートを参考に、ぜひvimをマスターしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました