Dockerを利用する環境の構築 Windows編

Windows+WSL2でDockerが使用できる環境を整えていきます。

macの方はこちら

WSL2を使えるようにする

WSL2はWindows10(64bit版)以降のみ対応しております。32bit版には対応しておりませんのでご了承ください。

WSL2を使えるようにする

  1. Windowsのスタートボタンから「Windowsシステムツール」→「コントロールパネル」→「プログラム」→「Windowsの機能の有効化または無効化」
  2. 「Linux用Windowsサブシステム(WSL)」と「仮想マシンプラットフォーム」にチェックを入れて「OK」をクリック
  3. 再起動

WSL2用Linuxカーネルをインストールする

  1. https://aka.ms/wsl2kernel ここにアクセスする
  2. 「x64マシン用WSL2 Linuxカーネル更新プログラムパッケージ」をクリックして、インストーラをダウンロードする
  3. ダウンロードしたインストーラをダブルクリックして、インストールを進める

WSL2を既定バージョンに変更する

コマンドプロントというソフトウェアがデフォルトでインストールされているので、コマンドプロントを起動して以下コマンドを入力します。

wsl --set-default-version 2

WSL2用Linuxディストリビューションをインストールする

Microsoft Storeで、「Ubuntu」と検索し、「入手」をクリックします。

インストール完了後、Ubuntuを起動して、画面に従って、操作していきます。

  1. 「Enter new UNIX username」→ ユーザ名の設定
  2. 「New password」→ パスワードの設定
  3. 「Retype new password」→ パスワードの確認

以下画像のような入力画面になれば完了です。

Docker Desktop for Windowsをインストールする

https://www.docker.com 公式サイトにアクセスし、画面右上の「Get Started」をクリックして、インストーラーをダウンロードします。

インストーラーを起動後は、画面の指示に従ってボタンをクリックして進めてください。(基本は、何もいじらずにそのまま進めて大丈夫です。)

少し時間がかかりますが、完了して、再起動したらDockerが使用できます。

インストールされているか確認したい場合は、コマンドプロンプトで以下のコマンドで確認できます。

docker -v

確認できたら実際に使っていきましょう。こちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました