AWSのRoute53でTXTレコードを設定する方法

AWS



Googleサーチコンソール登録の依頼を頂き、AWSのRoute53でTXTレコードを設定する機会を頂いたのですが、どの記事を見ても自分のAWSコンソールと違う画面ばかりだった ので (デザインが変わったのだろうか)、手順を残します。




①AWSマネジメントコンソールで『サービス』をクリックして『Route53』をクリックする

(ここら辺はもちろん一緒ですね)

aws txt record




②左のメニューから『ホストゾーン』をクリックします。

(ここも多分一緒)

aws txt record




connaiconnai

③ドメインを選択します。

aws txt record





④『レコードを作成』をクリック

(ここら辺から違ってきた気がします)

aws txt record




⑤『シンプルルーティング』をクリックして次へ

(僕が見ていた記事にはここらの画面が一切登場しなかったのです!)

aws txt record




⑥『シンプルなレコードを定義』をクリック

aws txt record




⑦『値/トラフィックのルーティング先』と『レコードタイプ』を以下のように設定して『サンプルテキストエントリ』の部分にTXTレコードを張り付けて『シンプルなレコードを定義』をクリック

aws txt record




DNS伝搬状況の確認

以下のどちらかのコマンドでDNSの伝搬状況が確認できます。

dig ドメイン名 txt
nslookup -q=txt ドメイン名




以上、AWSのRoute53でTXTレコードを設定する方法でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました