さくらVPSでOS再インストールしてhttp通信でHello Worldするまで

さくらVPSにはOS再インストールの機能が用意されており、サーバーの初期化を行うことができます。
OS再インストールではデータがすべてなくなるので、バックアップを取っておくか、でなければ諦めることになります。
設定などもすべて初期化されるので、サーバーを使える状態にするためにいくつかの操作が必要になります。
この記事ではOS再インストールを行った後http通信でブラウザにHello wordと出力するところまでを説明します。





接続可能ポートの追加

これはWeb通信SSH接続を行うための設定で、パケットフィルター設定から行います。

さくらVPSの管理画面にログインしてパケットフィルター設定パケットフィルターを設定と進みます。


パケットフィルター設定を追加するをクリックします。


SSHWebを追加して設定を保存するをクリックしたら、接続可能ポートの追加は完了です。


known_hostsに前のカギを削除する(sshエラーを解決する)

ローカルのknown_hostsに前のカギが残っていると、SSHしようとした時にREMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!というエラーが出るので、前のカギを削除します。

ローカルのknown_hostsを開く

Macもwindowsも下記コマンドで開けると思います。

vi ~/.ssh/known_hosts

古いカギを削除

対象サーバーのIPが記述してある行をコメントアウトまたは削除します。
例えば、IPが111.222.333.44である場合、下記のようにします。(こちらはコメントアウトの例)

#111.222.333.44 ecdsa-sha2-nistp256 AAAABBBCCCDDDEEEFFFGGG123456789=  #削除またはコメントアウト
#111.222.333.44 ssh-ed25519 AAAABBBCCCDDDEEEFFFGGG123456789           #削除またはコメントアウト




connaiconnai

sshする

上記手順で前のカギを削除するとsshできるようになると思います。
下記のようにssh root@IPという形でコマンドを打った後、パスワードを入力でサーバーに入ります。
パスワードはOS再インストールした際に設定したものを使用します。

ssh root@111.222.333.44




apacheをインストールして起動

OSインストール後はWebサーバーが入っていないようですので、入れます。
こここではapacheをインストールします。ついでに起動もしてしまいます。

ここからはsshした後のリモートサーバー側での作業になります。

yum -y install httpd
systemctl start httpd




http通信を許可

ブラウザからアクセスできるように下記コマンドでhttp通信を許可します。

systemctl start firewalld
firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent
firewall-cmd --add-service=https --zone=public --permanent
systemctl restart firewalld


ブラウザにIPアドレスでアクセスして下記のようなページが表示されればOKです。http通信できてます。





index.htmlとindex.phpを省略して読みこめるようにする

下記コマンドでapacheの設定ファイルを開きます。

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf


<Directory “/var/www/html”>の配下にDirectoryIndex index.html index.php と追記する。

<Directory "/var/www/html">
  ~~~  省略 ~~~
  DirectoryIndex index.html index.php  #追記
</Directory>


apacheを再起動。

systemctl restart httpd





テスト用のファイルを作成

index.htmlという名前でファイルを作成し、中身にHello worldと書いて保存しておきます。





SCP接続

FTP接続にはライブラリのインストールが必要なようですが、SCP接続だとそのまま行えるようです。
FTPソフトを使用して、下記のように情報を入れて接続します。

転送プロトコル:SCP
ポート番号:
22
ホスト名:
サーバーのIPアドレス
ユーザー名:
root
パスワード:
OS再インストールの際に設定したパスワード




ファイルをアップして確認

SCP接続できたら、先ほどのHello worldと書いたindex.htmlを公開フォルダにアップします。
apacheの場合、公開フォルダは/var/www/htmlです。

ブラウザにIPアドレスでアクセスしてHello worldと表示されればOKです。





以上、OS再インストールを行った後http通信でブラウザにHello wordと出力するまでの手順でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました